イベント, ポールダンス用機材

ポールダンスイベントを企画しよう!①

ポールダンスイベントを企画しよう!①

ポールダンスの歴史はある意味

ポール機材の歴史

といっても過言ではない。

 

スタジオを開く時と一緒で。

ポールダンスは、イベントでやるときもポールの設置という問題はついてまわる。

 

スタジオだったらまだ工事もできるがイベントはそうはいかない。

※スタジオのポール設置についてはコチラの記事を参照ください

 

話は過去の話に戻るが2005年の13年前当時、彼氏が自作で出張用のポールを作ってくれた。

(これも詳しくは過去記事を→コチラ

 

このポールを仮に「Aタイプ」と呼ぶ。

このときは「海の家」(材木座海岸だったかな?)の特設ステージでのイベントだったので、

ジョイント部分を釘で打って止めることができたのよね。

なので「Aタイプ」はちゃんとお役目を果たした。

(例のケンカでぼっきり折られた事件の直後ね。無事にパフォーマンス完了できたの)

のちに彼は、新たに私がイギリスから輸入した12万円の突っ張りポールをマネて

Aタイプを進化させた「A+」も開発。

レンタルスタジオでのレッスンで「A+」も活躍したりもしたのだー。

 

その頃からだんだんイベントへの出演オファーもいただくようになってきたYOSSY。

とはいってもポールがある箱なんて当時はなくて。

あるときイベントをやってるある友人からオファーをもらい。

「俺がポール用意するから大丈夫」ってことで。

いざ、そのときを迎えたら今で言ういわゆる「ステージ付きポール」型だったんだけど、

ポールがめちゃくちゃ細くてしなる、しなるーーー!!っていうw

 

YOSSYは小柄な方ですがそんなわたしでも上にのぼったらゆーーーっくりとポールが倒れてきて地面まで。。。。

でもその降り方があまりにもゆっくりで、しかも私がそのまま普通に踊り続けたので、

お客さんはそういう演出???って思ったみたいだったけど^^;

(それはそれで新しいパフォーマンスだ、うん(笑))

自分も周りも怪我も全くないのが幸いでしたが。あってはいけないことですね。

もう、渋谷のなんていう箱だったかも忘れちゃったけど。

そんなパフォーマンスをしたときもあったなあーーーー、という思い出話しで今回終わってしまいました。

 

つづくー!

2018年7月

 

広告
スタジオ開業支援

ダンススタジオ経営の光と闇(笑)

ダンススタジオ経営の光と闇(笑)

レンタルスタジオでの不定期レッスン→ 週に1~2回のレギュラー→ スタジオオープン、と。

順調なステップアップを計らずも進みました。

行き当たりバッタリなYOSSYでしたが色んなチャンスに恵まれて。

メディアにもたくさんとりあげられた幸運なeyecandyだったので、最初の数年はこれといった営業をしなくともまわっていました。

でもやはりそれを12年間も続けるのには苦労がなかったわけではありません。

苦悩と試行錯誤の道

がそこにはあります。

知人のストリートダンスやベリーダンスのスタジオが閉店するのもその間に何軒も見てきました。

華やかに見えるダンス業界ですが、決してそこは常に潤ってるわけではありません。

ポールダンスは少し物珍しいものなので、やってみたいー!と興味を持つ方は多いですが。

それでも毎週定期的に通う、となるとそれは簡単なことではないのは想像できると思います。

なぜ、ってやっぱり

なくても生きていけるものだからw

実際生徒さんの80%以上が2年以内に通うのを辞めてしまっています。

自宅が遠くなった、仕事が変わって忙しくなった、結婚した、出産した、、、etc.

その理由は様々です。そしてその多くが「しばらく行かなくなったら行きづらい」とも言います。

この気持ちもね、とってもよくわかるんですよね。。。実際YOSSY自身も他スタジオ数箇所の会員ですが同じような感じですから(;´Д`)

 

では生徒さんにリピしてもらうにはどうするか!?

次回はこれをテーマにお話しますねーーー!!

 

2018年6月

YOSSY