イベント, ポールダンス用機材

ポールダンスイベントを企画しよう!③

ポールダンスイベントを企画しよう!③

なかなかタイトルの本題にいけない(笑)

ポールの機材のことや設置のことであと3回分ぐらい書けそうw ^^;

そろそろマトメにかかっていきますが、それだけポールダンスにおいて大切なのはポールの設置のことだというわけです。

 

そりゃそうだよね。

 

ギタリストはギターがないと弾けないように、ポールダンサーはポールがないとパフォーマンスできません。

さてここでダンサー側の意識への指摘。

ポールダンサーなのにポール機材のことを何もわかってない子もいます。

が、わたし的には

それってどうなの???です。

 

ポールはなんだかんだ危ないものです。

一歩間違えると大事故にもつながります。

実際、出張用ポールの設置が甘くてそれが転倒し、ケガにつながった例は多々あります。

 

①設置した場所の環境が悪かったのか(天井はフラットに見えて実はそうでなかったとかねetc)、

②設置の仕方が悪かったのか(締め方がゆるかった、垂直でなかった、高すぎたetc)、

③機材そのものに問題が起きていたのか(ネジがうまくまわらなくなってた、ゆがんでしまっていたetc)

④利用者に問題があった(男性3人で回るなど耐荷重を超えることしたetc)

 

原因はそれぞれだし、複数の要因が重なってた場合もあります。

が、

ポール事故ゼロ!!キャンペーン 

自称親善大使YOSSYから言わせると

 

ダンサー自身も①~④のチェックを毎回すべし!!

そしてその知識ももつべし!!!

って感じです

 

さっきのギタリストを例にすると、

ギターの手入れもチューニングも全くできましぇ~~ん、でも弾くのは上手いんです、アタシ!

っていうのと同じですw^^;

 

もしかしたら本当に弾くのが上手かったとしても、なんか信用できないですよね。。。。

 

ギターにしろなんにしろ「道具を使うパフォーマンス」である限り、

やはりその道具の取り扱い方から学ぶべきだと思います。

ましてやポールダンスは、ときにそのポールに命を預けるようなこともします。

そんな大事なポールです。

 

自分はただ踊ればいい、っていうんじゃなくて。

ダンサーももっともっと設置への知識をつけていきましょう。

そして愛を持ってメンテナンスする!

 

なんか説教くさくなってきましたがw

 

そうすることが結果的にポールダンスの普及につながるんじゃないかなー、と思います。

 

次回は出張用ポールの進化についてお話しますねーーー!!

※画像は・・・ついに発見!YOSSY日本で最初のポールダンスパフォーマンス。13年前の2005年、海の家イベント。ポールは例の「Aタイプ」(笑)。材木座かと思ったら由比ガ浜でしたね。

 

2018年7月

YOSSY

広告
イベント, ポールダンス用機材

ポールダンスイベントを企画しよう!①

ポールダンスイベントを企画しよう!①

ポールダンスの歴史はある意味

ポール機材の歴史

といっても過言ではない。

 

スタジオを開く時と一緒で。

ポールダンスは、イベントでやるときもポールの設置という問題はついてまわる。

 

スタジオだったらまだ工事もできるがイベントはそうはいかない。

※スタジオのポール設置についてはコチラの記事を参照ください

 

話は過去の話に戻るが2005年の13年前当時、彼氏が自作で出張用のポールを作ってくれた。

(これも詳しくは過去記事を→コチラ

 

このポールを仮に「Aタイプ」と呼ぶ。

このときは「海の家」(材木座海岸だったかな?)の特設ステージでのイベントだったので、

ジョイント部分を釘で打って止めることができたのよね。

なので「Aタイプ」はちゃんとお役目を果たした。

(例のケンカでぼっきり折られた事件の直後ね。無事にパフォーマンス完了できたの)

のちに彼は、新たに私がイギリスから輸入した12万円の突っ張りポールをマネて

Aタイプを進化させた「A+」も開発。

レンタルスタジオでのレッスンで「A+」も活躍したりもしたのだー。

 

その頃からだんだんイベントへの出演オファーもいただくようになってきたYOSSY。

とはいってもポールがある箱なんて当時はなくて。

あるときイベントをやってるある友人からオファーをもらい。

「俺がポール用意するから大丈夫」ってことで。

いざ、そのときを迎えたら今で言ういわゆる「ステージ付きポール」型だったんだけど、

ポールがめちゃくちゃ細くてしなる、しなるーーー!!っていうw

 

YOSSYは小柄な方ですがそんなわたしでも上にのぼったらゆーーーっくりとポールが倒れてきて地面まで。。。。

でもその降り方があまりにもゆっくりで、しかも私がそのまま普通に踊り続けたので、

お客さんはそういう演出???って思ったみたいだったけど^^;

(それはそれで新しいパフォーマンスだ、うん(笑))

自分も周りも怪我も全くないのが幸いでしたが。あってはいけないことですね。

もう、渋谷のなんていう箱だったかも忘れちゃったけど。

そんなパフォーマンスをしたときもあったなあーーーー、という思い出話しで今回終わってしまいました。

 

つづくー!

2018年7月

 

イベント, ポールダンス用機材

イベント開催のコツ  

イベント開催のコツ

 YOSSYが一番最初にイベント開催したのはセレクトショップ勤務時代でした。

これも14年前ぐらいかな?2004年頃。

お店の周年PARTYを西麻布のクラブを貸し切ってやろうということになり。

初めてのイベント企画はそれはそれは大変なもので。短期間のうちに決定しなきゃいえない事項が山ほどある。

しかも最初のイベントなのに、ダンスショーあり、ライブあり、ファッションショーあり、ライブペインティングあり、などすごい盛りだくさんなコンテンツにしちゃって。

各アーティストのブッキングやリハーサル、音響の設備にタイムテーブル作り。

お店の人とも何度も打ち合わせしなきゃいけない。

フライヤーもデザインしたり、印刷したり、さらにはそれをプロモーション。

そして「呼ばなきゃお客さんは来ない」というアタリマエの事実にやっと気づいたんですよね。

それまではイベントはやったらお客さんは勝手に来るもんだと思ってましたからw^^;

 

とりあえず初めてイベント企画をする人のために必要な事柄をいくつかご紹介しますね☆

  • ①会場
  • ②イベントのテーマやコンセプト
  • ③ダンサーやシンガーなどの出演者
  • ④DJ
  • ⑤フライヤーやポスターのデザイン
  • ⑥タイムテーブル
  • ⑦告知
  • ⑧予算

まずは①の会場ですよね。

そのキャパやどのくらいお客さんを呼びたいか(呼べるか)で⑧の予算が決まってきます。

その予算でできるコンテンツとして③や④の出演者、及び⑤や⑦にかけれる費用が決まり。

イベントはある意味ギャンブル性も含めているので

(野外イベントなんかは天候にも左右されるので特に)

無理のない範囲で開催できるといいですよね!

あと大切なのは

自分も全力で楽しむこと!

やっぱり楽しいところに人は集まってきますからね。

そのイベントを作っていくプロセスから楽しんでいかないと。

最悪集客が思ったようにいかなくても

来てくれたお客さんとは最大限にその空間を楽しむようにしましょう♪

楽しかったらお客さんはきっとまた来てくれますからね(^-^)

最初からイベントで儲けようと思ってはダメですね。

コケても笑い飛ばせるくらいにしておくのがポイントです。

現在私は

毎月1回レギュラー、ポールダンスと様々なアーティストコラボのイベント

★「SweetCandy」@新宿御苑前ROSSOを開催の他、

(※次回は7/19です!遊びに来てね♪ https://www.facebook.com/events/209585323015520/ 8・9月はおやすみでその次10/18)

 

年に3~4回のスタジオ発表会的なポールダンスパーティ

★「CandyFlava」@渋谷Guinguette by MOJAを開催しています。

(次回は7/22です!7月はイベント続き!https://www.facebook.com/events/367488047089025/ その次はこれも10月だな~)

どちらもお店の方々も親切だし、雰囲気も良いので、毎回私も楽しんでいます^^

その他過去には色々と場所も変えてイベントやってきました。

通算数えたらのべ50回ぐらいはやってるかも?もっとか?

けっこうな数ですよね~~。

 

次回からはまた過去のお話。

ポールダンスイベントを初めてやった頃のことを書きたいと思います~

2018年7月

YOSSY

 

 

スタジオ開業支援

生徒さんにリピしてもらうためには

生徒さんにリピしてもらうためには

人の気持ちほど変わりやすいものってないです(笑)

あんなにやる気満々で目をキラキラさせながら

「頑張って続けまーす」!

と言っていた子が。

死んだ魚のような目になって(笑)

モチベーション下がっていく姿も何度も見てきました。

その理由ももちろん様々で、モチベーションの維持っていうのは、

何もダンスに限らず、仕事や人生そのものにも当てはまるものだと思うのですが。

その上げ方についてはまた後ほどたくさん語らせてもらうとして。

とりあえず手っ取り早く生徒さんにリピしてもらう方法。

簡単です、

「来なきゃいけない理由を作ってあげること」

一番わかりやすい例は発表会などね。

イベントなどに出演するよーーー!!ってきっかけを作る。

やっぱりダンスはね、ヨガやフィットネスとの大きな違いは

「人前でパフォーマンスすること」だと思うから。

もちろんそれを目的に通っていない生徒さんもいらっしゃいますが、

私はそれでこそダンスの醍醐味!と思っているので。

クラスの中だけでなく。すごく小さなイベントでもいいのでそういう機会を作るのはとても大切なことだと思います。

まあどこのスタジオもやっていることですけどねーーー!!

最初は「私なんて・・・」ってモジモジしていた生徒さんが、ひとたびステージに上がったら、キラキラと輝いて堂々と踊っている姿に私もすごく感動したり、勇気もらったり。

イベントの開催も労力がいるし簡単なことではないですが、

やるとそれだけの見返り(金額的なものではなく)はあるのでついついイベントは開催してしまうYOSSYです。

 

次回はイベント開催についてお話したいと思いまーす!

 

2018年7月

YOSSY

 

スタジオ開業支援, ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり8(最終回)

ポールダンススタジオオープンまでの道のり8(最終回)

 前述に述べたとおり、もしスタジオをやるんだったら全部自己資金でやろうー!と覚悟を決めていたYOSSY。

ただ実際たいした貯金もなかった。給与たった手取り15万円のしがない雇われ店長でしたから。

でも当時の私は勢いがあったもので。

失敗することなんて考えられなかった

だから有り金ぜ~~んぶぶっこみました。自慢にならないが残高はゼロ。

実際かかった資金は

  • 家賃+敷金・礼金等 160万
  • 内装工事費 80万

ざっくり過ぎですが、ざっくりでこんな感じ~。

約1年間2足のわらじで働きまくったおかげと、当時の私はバブル(笑)で。

数ヶ月先のレッスンまで予約いっぱいという人気インストラクターでしたから。どうにか1年で作ったお金です。

内装工事はほぼDIYで資金をおさえて。スケルトンの物件とかではこうはいかないでしょうが、抑えようと思えばある程度どうにかなります。

特に

は一番スタジオで費用がかかる部分。

自分で貼れるキットを購入してDIYしたおかげで

40万円→8万円

と破格で済みましたよ。

ちょっぴり大変だったけど!

内装工事はこだわればこだわるほどかかるので相場を出すのは難しいですが。

でも「とりあえず、とりあえず」ってやって「あとから気になったら直せばいいや」って思っても、

実際営業が始まってしまうとなかなかリフォームって大変なので、

ある程度は最初にこだわってやったほうがいいかなとも思います。

私は「とりあえず」をやり過ぎてあとで後悔した部分もありますんで^^;w

ただ先にも述べたように私はオープン前から既にレッスンも行っていて生徒もたくさん抱えていたので、最初の集客はそんなに苦労することがありませんでした。

だから約半年でこの開業資金も回収することができたんです。本当に幸運な話ですけど。

もし開業考えてる人は、

リスクを取る前に必ず顧客を作りましょう

サイトを開設するなり、Blogを書くなり。見込み客を集めておくことは本当に大切です。

スタジオを作ったらお客さんが来る、と思っていたらそれは間違い。

私のような無計画タイプの人間がビジネスについて語るのはどうかと思うけど(笑)。

行動力だけはあったYOSSYですからね。

事業計画書とかちょこちょこ作成する前に、まず顧客集めをしてみましょう。

 

とまあ、そんなこんなで自己資金100%スタートを切ったeyecandyです。

 

物件探しや契約についても述べたいとこですが、それはまたいつかー!

次回からはスタジオ経営を続けていくヒントについてお話できたらと思います~~!!

※画像はまだレンタルスタジオで教えてた頃の。13年前。。。

 

2018年6月

YOSSY

スタジオ開業支援, ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり7

誰もが開業にあたって最初に抱える問題は、ズバリ開業資金。

それをどうするか??

①自己資金

②出資者をみつける

③銀行などから融資を受ける

大きくこの3つがあると思います。

どれがいいか?って。もちろん

絶対的に①です。

そんなのわかってるよーーー!!でも①ができないから②とか③を選ぶんじゃん、

って話はあると思いますが。

なんとか必死に①のことを考えてみてはいかがでしょうか?

今①の用意ができないのにこの先何年も経営を続けるのは困難だと思います。

厳しいこといいますけど。

もちろん②や③の道を選んでトライするってのはアリだと思います。

経験として、勉強として。

でも

②の例はあまり上手くいった例を知らないです。

事実YOSSYもセレクトショップはそうでしたけど。3年間で閉店するに至りました。

でもそれがあってのその後の自分なので、全く後悔はなく感謝しかないです(*^_^*)

本当にいい経験をさせていただきましたー!!

でもヒトの資金でやるということは、やっぱりヒトの資金なんです。

自分がどんなに頑張って「私の店」って思っても、それは私の店ではなかった、というか。。。

結局最終的な所有は出資者であるオーナーでしかないんです。

それは憶えておいてくださいね。そのうえで②の道を選ぶ、っていうのは良いことだと思います。

実際②に巡り会えたってだけでも相当ラッキーですからね!

私もほんと無知な小娘だったのに、よくぞまああんなに出資してくれたわ~ってぐらいのことをしてもらいました。

渋谷のセレクトショップのときは総額2000万ぐらい出資して頂いた気がします^^;

自分の幸運と私をサポートしてくれた人たちに感謝、感謝です、ほんとに。

 

そして③の話。融資を得るという場合。

これって一般的にはよくあるお話だと思うのですが。私は反対します。

以前知人でヤミ金を営業されてる方がいて。その方とお話させてもらったことあるんですが。。。その方に散々言われたのが、

「ビジネスは借金してまでするもんじゃない」。

ちょっとした借金をきっかけに転落していく人たちの話をたくさん聞かされました~^^;

それはそれは恐ろしい話の数々。世にも恐ろしい借金お化け。

だから私は借金はしない、と心に決めているんです。

マンガの「なにわ金融道」も読みましたし(笑)

借金にはマイナスイメージしかありません。

もちろん借金何千万とかを原動力に、そこから一発逆転!!みたいなストーリーもありますので。

長い目で見たら何が失敗で何が成功かなんてわかりませんが~。

経験としてそういうのも味わってみたいという覚悟がないのなら、借金はしないほうがいい、というのが私の意見です。

ダンススタジオビジネスはそこまでの大金がなくても始められるビジネスですし。

できるとこから少しずつ始めていきましょーね!!(*´∀`*)

 

つづく

※画像は渋谷スタジオオープン間もない頃

2018年6月

YOSSY

 

 

スタジオ開業支援, ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり4

ポールダンススタジオオープンまでの道のり4

 私はすごく運が良いと思う。

セレクトショップも商品が売れたし(1万円程度のものでしたが多い時は月200万円以上売った)、ポールダンスレッスンもさほど宣伝せずともお客さんが来てくれて。

しかもそれらをTVで紹介までしてもらえた。幸運過ぎるよね。

スクランブル交差点を3mの棒担いだ甲斐があったというもの(笑)

きっとどんなビジネスでもそうだけど他にはないものを見つける。これは成功の近道に他ならない。

そのためにはやっぱりアンテナを張ること。これが大切。

あとは棒を運ぶ根性と体力があること!(笑)

そのときはそんな風に思ってもみなかったけど、やっぱりやり遂げる情熱はないとね。

けど自分の好きなことじゃないとそのパワーは出ないから、やっぱり好きなことをやらないとね、まずは。

 

最近のYOSSYはアンテナが鈍ってきちゃっている。なんでか、って割とずっと日本にいるから。

ずっと中にいちゃうと見えなくなってきちゃうんだよね。

私は今でも放浪グセ(笑)があってちょいちょい海外にいくんだけど、やっぱりそれってとても大事なことだと。

今目の前にある景色以外を見るべき。もし何がやりたいかわからない、とか、ビジネスに行き詰まってる、なんて方がいたら、

とりあえず海外行け!

ってのが私のアドバイスー。

少々お話がそれましたが。

このTV出演をきっかけにどんどんメディア取材が増えていったYOSSY。

色んな女性誌・ファッション誌・情報誌に掲載していただく機会も増えた。

某女性ファッション誌イベントで有名モデルの道●ジェシカさんがポールダンスを披露するとのことになり、その指導もさせていただくことに。

これら全て、ポールダンスレッスンを始めて1年と経たないうちに起きた出来事。

今思えば本当に怒涛の日々でした~。。。。

つづく

2018年6月

YOSSY