スタジオ開業支援, ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり8(最終回)

ポールダンススタジオオープンまでの道のり8(最終回)

 前述に述べたとおり、もしスタジオをやるんだったら全部自己資金でやろうー!と覚悟を決めていたYOSSY。

ただ実際たいした貯金もなかった。給与たった手取り15万円のしがない雇われ店長でしたから。

でも当時の私は勢いがあったもので。

失敗することなんて考えられなかった

だから有り金ぜ~~んぶぶっこみました。自慢にならないが残高はゼロ。

実際かかった資金は

  • 家賃+敷金・礼金等 160万
  • 内装工事費 80万

ざっくり過ぎですが、ざっくりでこんな感じ~。

約1年間2足のわらじで働きまくったおかげと、当時の私はバブル(笑)で。

数ヶ月先のレッスンまで予約いっぱいという人気インストラクターでしたから。どうにか1年で作ったお金です。

内装工事はほぼDIYで資金をおさえて。スケルトンの物件とかではこうはいかないでしょうが、抑えようと思えばある程度どうにかなります。

特に

は一番スタジオで費用がかかる部分。

自分で貼れるキットを購入してDIYしたおかげで

40万円→8万円

と破格で済みましたよ。

ちょっぴり大変だったけど!

内装工事はこだわればこだわるほどかかるので相場を出すのは難しいですが。

でも「とりあえず、とりあえず」ってやって「あとから気になったら直せばいいや」って思っても、

実際営業が始まってしまうとなかなかリフォームって大変なので、

ある程度は最初にこだわってやったほうがいいかなとも思います。

私は「とりあえず」をやり過ぎてあとで後悔した部分もありますんで^^;w

ただ先にも述べたように私はオープン前から既にレッスンも行っていて生徒もたくさん抱えていたので、最初の集客はそんなに苦労することがありませんでした。

だから約半年でこの開業資金も回収することができたんです。本当に幸運な話ですけど。

もし開業考えてる人は、

リスクを取る前に必ず顧客を作りましょう

サイトを開設するなり、Blogを書くなり。見込み客を集めておくことは本当に大切です。

スタジオを作ったらお客さんが来る、と思っていたらそれは間違い。

私のような無計画タイプの人間がビジネスについて語るのはどうかと思うけど(笑)。

行動力だけはあったYOSSYですからね。

事業計画書とかちょこちょこ作成する前に、まず顧客集めをしてみましょう。

 

とまあ、そんなこんなで自己資金100%スタートを切ったeyecandyです。

 

物件探しや契約についても述べたいとこですが、それはまたいつかー!

次回からはスタジオ経営を続けていくヒントについてお話できたらと思います~~!!

※画像はまだレンタルスタジオで教えてた頃の。13年前。。。

 

2018年6月

YOSSY

広告
スタジオ開業支援, ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり7

誰もが開業にあたって最初に抱える問題は、ズバリ開業資金。

それをどうするか??

①自己資金

②出資者をみつける

③銀行などから融資を受ける

大きくこの3つがあると思います。

どれがいいか?って。もちろん

絶対的に①です。

そんなのわかってるよーーー!!でも①ができないから②とか③を選ぶんじゃん、

って話はあると思いますが。

なんとか必死に①のことを考えてみてはいかがでしょうか?

今①の用意ができないのにこの先何年も経営を続けるのは困難だと思います。

厳しいこといいますけど。

もちろん②や③の道を選んでトライするってのはアリだと思います。

経験として、勉強として。

でも

②の例はあまり上手くいった例を知らないです。

事実YOSSYもセレクトショップはそうでしたけど。3年間で閉店するに至りました。

でもそれがあってのその後の自分なので、全く後悔はなく感謝しかないです(*^_^*)

本当にいい経験をさせていただきましたー!!

でもヒトの資金でやるということは、やっぱりヒトの資金なんです。

自分がどんなに頑張って「私の店」って思っても、それは私の店ではなかった、というか。。。

結局最終的な所有は出資者であるオーナーでしかないんです。

それは憶えておいてくださいね。そのうえで②の道を選ぶ、っていうのは良いことだと思います。

実際②に巡り会えたってだけでも相当ラッキーですからね!

私もほんと無知な小娘だったのに、よくぞまああんなに出資してくれたわ~ってぐらいのことをしてもらいました。

渋谷のセレクトショップのときは総額2000万ぐらい出資して頂いた気がします^^;

自分の幸運と私をサポートしてくれた人たちに感謝、感謝です、ほんとに。

 

そして③の話。融資を得るという場合。

これって一般的にはよくあるお話だと思うのですが。私は反対します。

以前知人でヤミ金を営業されてる方がいて。その方とお話させてもらったことあるんですが。。。その方に散々言われたのが、

「ビジネスは借金してまでするもんじゃない」。

ちょっとした借金をきっかけに転落していく人たちの話をたくさん聞かされました~^^;

それはそれは恐ろしい話の数々。世にも恐ろしい借金お化け。

だから私は借金はしない、と心に決めているんです。

マンガの「なにわ金融道」も読みましたし(笑)

借金にはマイナスイメージしかありません。

もちろん借金何千万とかを原動力に、そこから一発逆転!!みたいなストーリーもありますので。

長い目で見たら何が失敗で何が成功かなんてわかりませんが~。

経験としてそういうのも味わってみたいという覚悟がないのなら、借金はしないほうがいい、というのが私の意見です。

ダンススタジオビジネスはそこまでの大金がなくても始められるビジネスですし。

できるとこから少しずつ始めていきましょーね!!(*´∀`*)

 

つづく

※画像は渋谷スタジオオープン間もない頃

2018年6月

YOSSY

 

 

スタジオ開業支援, ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり6

ポールダンススタジオオープンまでの道のり6

 

セレクトショップのオープンは、YOSSY長年のアメリカ生活から戻ってきた直後だった。

学生生活を終えてすぐ

「ダンサーといえばNYだぜい!」みたいなノリで。

(やっぱり私って勢いだけで生きてるw^^;)

アメリカにダンス留学に行ってしまいマトモに日本の会社で働いたこともなければ、社会のことも何にも知らなくて(これは今もあんまり知らないケドw)。

ただちょっと英語ができて、海外に住んでた分違う観点で物事を見ることができたぐらいで。社会的にはほんの小娘だったYOSSY。

そんな私は在NYのときご縁があってアパレルのバイヤー的なことをやらせてもらってたので、帰国したときは

「自分のお店やりた~い」などと言い回っていた。

でもそれって、今思えば誰もが一度は言い出しそうなぐらいのノリのレベルで。もちろん資金なんてないし、本気でビジネス的なプランがあったわけではない。

そしたら

「出資するから店をやらないか」

という人が現れたっっっーーー!!

私が帰国したのが4月で。この話は7月には浮上。なんともスピード感のあるお話だった。

1つだけ言えるとしたら、やっぱりやりたいことがあるときは周囲に言い回った方がいい。

言霊

とでも言いましょうか。。。

何かしらのチャンスに結びつくことがある。

結果として8月から出店準備をはじめ、11月にはお店をオープンするに至ったのだが、このお話もまたここでは割愛―。その3年後閉店になったいきさつは前回お話した通り。

今言いたいことは何かというと!

他の人に出資してもらうことはいいか?悪いか?

って話~。

※写真は更に貴重なNY時代のもの~。14年前?とかなのかしら^^;

つづく

 

 

スタジオ開業支援, ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり5

ポールダンススタジオオープンまでの道のり5

 13年前のお話はまだつづく~。

セレクトショップの店長とポールダンスインストラクター。そんな2足のわらじを履いた生活が半年以上続き。

体力的には本当につらくなっていった。

朝11時~夜9時までショップのお仕事(ほぼ1人で任されていたので長時間労働)。

その後夜10時~深夜までレッスン。そんな生活が週4回ぐらい。

そんな中セレクトショップの方は色んな問題が勃発し始めた。出資者であったオーナーが一人ではなく複数名いたのだが、その人たちが仲違いし始めたのだ。方向性が変わってきたというか。

また、売上がいいときは良いけど赤字が出るときもないわけではなく。そういったときに、その責任を誰がどうとるかということに。。。

なんだかんだガタガタし始めて、私にとっては私のために出してもらったお店だったのでどうにか守りたい気持ちもあったのだけど。

でもやっぱり私もダンサーとしての道を諦めきれない部分もあって。。。

結果、お店はもう閉めて資金を回収しよう、って結論になった。

やっぱり閉店は寂しかったし、泣いたな~~~。。。^^;

そして

自身でポールダンススタジオを開こう!

と決意することになる。

※画像は13年前。ショップでの1枚。貴重なその時代の写真~

もっと若々しいかと思ってたら意外とそうでもない(笑)あんま今と変わんないじゃん;;

 

つづく

 

スタジオ開業支援, ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり4

ポールダンススタジオオープンまでの道のり4

 私はすごく運が良いと思う。

セレクトショップも商品が売れたし(1万円程度のものでしたが多い時は月200万円以上売った)、ポールダンスレッスンもさほど宣伝せずともお客さんが来てくれて。

しかもそれらをTVで紹介までしてもらえた。幸運過ぎるよね。

スクランブル交差点を3mの棒担いだ甲斐があったというもの(笑)

きっとどんなビジネスでもそうだけど他にはないものを見つける。これは成功の近道に他ならない。

そのためにはやっぱりアンテナを張ること。これが大切。

あとは棒を運ぶ根性と体力があること!(笑)

そのときはそんな風に思ってもみなかったけど、やっぱりやり遂げる情熱はないとね。

けど自分の好きなことじゃないとそのパワーは出ないから、やっぱり好きなことをやらないとね、まずは。

 

最近のYOSSYはアンテナが鈍ってきちゃっている。なんでか、って割とずっと日本にいるから。

ずっと中にいちゃうと見えなくなってきちゃうんだよね。

私は今でも放浪グセ(笑)があってちょいちょい海外にいくんだけど、やっぱりそれってとても大事なことだと。

今目の前にある景色以外を見るべき。もし何がやりたいかわからない、とか、ビジネスに行き詰まってる、なんて方がいたら、

とりあえず海外行け!

ってのが私のアドバイスー。

少々お話がそれましたが。

このTV出演をきっかけにどんどんメディア取材が増えていったYOSSY。

色んな女性誌・ファッション誌・情報誌に掲載していただく機会も増えた。

某女性ファッション誌イベントで有名モデルの道●ジェシカさんがポールダンスを披露するとのことになり、その指導もさせていただくことに。

これら全て、ポールダンスレッスンを始めて1年と経たないうちに起きた出来事。

今思えば本当に怒涛の日々でした~。。。。

つづく

2018年6月

YOSSY

 

 

 

 

ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり3

ポールダンススタジオオープンまでの道のり3

2005年当時これといった宣伝は全くしないのに、どんどんお客さんが増えていったeyecandy。

こんなにポールダンスをやりたい女性がいたなんて!!!驚きでしかなかった。

今思えば色々なタイミングが良かったのだと思う。

ポールダンスレッスンは週に2回、3回、、、とその数は増えていったものの、ポールの本数も限りがあるし、レンタルスタジオでは借りれる枠も限られていたし。そして私の肉体にも限界が。

 

当時はセレクトショップの店長をやっていたYOSSYなのです。

HIPHOPカルチャーやNYCが大好き過ぎた私。NYにいるときもアパレルバイヤーをやっていた経験があり。

NYやLAに買い付けに行ったりもしながら日本にはあまりないグッズを輸入販売するということをやっていた。ご縁があってスポンサーさんの協力を得て渋谷にSHOPをオープンさせていたのだ。(この詳しいお話はまた今度ね)。今思えばこのときの店舗経営の経験がその後すっごーーく役に立つことになったので、このときお世話になった方にも本当に感謝です。

 

だからやっぱり、もし将来店舗をやりたい!って思っている方がいるとしたら、

絶対に一度は店舗で働いてみるべきだと思う。

ジャンルはスタジオでなくてもいいので。

接客、仕入れ、在庫管理、売上管理、プレス&宣伝、税務。そして清掃やメンテナンス等ハード面の管理。何から何まで一人でやらなくてはならないのだから。

 

ちょっぴり自慢をさせてもらうと、YOSSYは日本にないものを探すのが得意だったみたい。

ある意味ポールダンスもその一つなんだけど、セレクトショップでもそういうのを見つけ出す嗅覚はあったようで。USAのラッパーが身につけてアメリカで話題になったけれどまだ日本にはなかったある商品があった。これを仕入れたところ、それが爆発的に売れたことがあったのだ。

雑誌やメディアにも取り上げられた。TVで紹介された翌日にはショップに行列ができたのだ!

そんなこんなでショップに数回TV取材も入るようになり、私がポールダンスをやっていると話すと

『カリスマ店長はポールダンサー!』ってな感じでポールダンスの紹介もしてくれた。

わざわざそのレンタルスタジオまで撮影にも来てくれてポールダンスの映像もオンエアしてくれた。今思えばこれも本当にありがたいお話。(*´∀`*)

これがYOSSYポールダンサーとして初のTVデビューとなる。

この番組は少し変わってしまったけど今も続いている。TV東京系『流派―R』という番組。

そう、

最初はショップ店長としての紹介だったのよね~~~!!!

どこで、何が起きるか。。。

やっぱり人生はおもしろい(*^_^*)

つづく

2018年6月

YOSSY

 

 

スタジオ開業支援, ポールダンススタジオヒストリー

ポールダンススタジオオープンまでの道のり2

ポールダンススタジオオープンまでの道のり2

さてさて彼にポッキリ折られてしまったポールちゃん。

今度はもっと安全なモノで安全な場所でやらなきゃなーーー、と(笑)

更にリサーチをしてもう少しちゃんとしたポールを今度はイギリスから輸入してみることに。

この前のオモチャポールが2~3万円なら、こっちは送料入れて12万円ぐらい・・・。

かなりの痛い出費。けっこ本気でないと買えない金額。

そしてもう彼の事務所に立たせてもらうわけにはいかない。

どうしたものか・・・。

 

そこでYOSSYは閃いた!!

よし、仲間を集めよう~~!!って。

レンタルスタジオを借りてポールダンスをやってみたそうな友人たちに声をかけてみた。

あっという間に人が集まり。みんなにスタジオ代を割ってもらった。

そんなこんなで始まったポールダンス同好会。

もっと広めていけるのでは?と。ブログを開設した。

それが『ポールダンスのススメ☆』だ。

(ん?タイトルかぶってる?こっちは『ポールダンススタジオのススメ☆』よん)

※現在の『ポールダンスのススメ☆』は、その後サーバーを引っ越してスタジオのBlogになり、現在も継続中です。

 

この最初のBlog開設が2005年9月だったかな?

10月ポールダンスレッスン開講しますよー、と告知してみた。

そしたら・・・

 

そしたら・・・

 

びーーーっくりするほどの反響がw

あっという間に予定していた予約は埋まり。それでも問い合わせは増え続けた。

「次のレッスンはいつか?」と。特に宣伝していたわけでもなかったので、みんなどこでみつけてきたのか本当に不思議だったけれど、問い合わせが止むことはなかった。

不定期で月に数回からはじめたレッスン。週に1度、2度、、、その数は増え続け、それでも予約も増え続け、キャンセル待ちで1ヶ月以上先まで全部埋まるという状態。

ひとたびキャンセルが出た旨をお知らせすると、早押しクイズ並の速さでメールのレスが殺到し、一瞬でそれも埋まった。

これ、誇張表現でもなんでもなく本当にそんな状態だった。

実は当初お借りしていたレンタルスタジオには内緒ではじめたポールダンスレッスン。

つっぱり式ポールは当時私が勤めていたセレクトショップに置いておき、それを渋谷の街をかついで毎度運んでは設置してレッスンを行っていた。

同じ渋谷とはいってもスタジオとショップは駅の反対側で徒歩20分以上の距離。

それをあのスクランブル交差点の人ごみの中運ばなければならず、これは女子である私には大変な重労働。しかも今のような性能のいい持ち運び用ポールなんてなくて、3m近い長さの棒を担いで運んでいたのだ。

例の彼氏が手伝ってくれて、ショップから運び出し、レッスンが終わるのを待ってくれてはまたそれをショップまで運んでくれたりもしていた(この彼には本当に感謝ね・・・。ケンカばかりだったけれど(笑))

でもさすがに週に1度以上のレギュラーになることこれも限界が。^^;彼も私を応援しながらも不満をもらすようになり、ケンカの数もまた増えていった。

これはもう、と思い切ってレンタルスタジオ側に相談してみた。ポール機材を置かせて欲しいと。そしてそれを設置したレッスンをやりたい!と。そしたらアッサリOK(笑)。なーんだ、もっと早く相談すればよかったのよねw

あの重労働はなんだったのだw。こういうときのネタにするための日々だったのかも(笑)

そんなこんなで順調なスタートを切ったeyecandy。

 

Eyecandyという名前もこの頃にはついていたな。

これがeyecandyの誕生~!

 

つづく

2018年6月